留学先のカナダでの出会い

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-1

私は現在、30代の男性です。
これまでの人生で人並みに何人かの女性との出会いはありましたが、この話は私がまだ16歳の時に起こったある女性との出会いの話です。
当時の私は私立の高校を中退し、フリーターとしてアルバイトをして生活していました。
夢も明確な目標も無く、毎日を怠惰に過ごす日々を送っていました。
 堕落した生活を改善するために私が選んだ道は、海外に留学するという道でした。
将来したい事は何も決まっていませんでしたが、異国の文化に触れて、様々な人間と出会い、交流をする事は自分にとって必ずプラスの経験になると考えたからです。
 アルバイトで貯めたお金を使い、カナダへ三ヶ月間短期留学に行きました。
カナダの語学学校に通っている内に同世代の男の子と仲良くなり、ある女性を紹介されました。
それが、その女性との出会いでした。
 女性は21歳の日本人で、年齢差はありましたが、食事に行くなど、2人だけで会う回数が増える度に、お互いが相手に好意を抱いているのを感じていました。
しかし、女性は日本に婚約中の男性がいました。
紆余曲折ありましたが、お互いがカナダに滞在している間だけ、恋人同士のようにいる事に決めました。
その事に関しては嬉しく思う反面、出会いというのは残酷なものだなと、子供ながらに考えていました。
カナダに滞在している間、語学学校で英語の勉強をし、学校内にいる様々な国と年齢の人々と出会い、休日はその女生と2人で出かけるなど、充実した日々を送っていました。
しかし、出会いがあれば、別れがあります。
私の帰国の日が近づいていました。
私たちはお互いに連絡先を交換する事無く、別れました。
帰りの飛行機の中で悲しみに打ちひしがれながら、こんな気持ちになるぐらいだったら最初から何もなければよかったと、2人の出会い、それ自体を悔やんだことを今でも覚えています。
これが、私が16歳のときに経験した出会いの話です。